農業

【第4回】大根や人参、かぶなどの種まき【都心で家庭菜園】

【第4回】大根や人参、かぶなどの種まき【都心で家庭菜園】

はじめに

みなさん、こんにちは。
今週は「大根、人参、かぶ」の種まきをしてきました。

3種とも撒き方にポイントがあるので、家庭菜園で
栽培したいと思う方は、ぜひ参考にしてください。

それでは、さっそく行ってみましょう。

大根の種まき

大根は3月中旬ごろに種をまき、5月ごろの収穫予定です。
色んな料理に使えるので、冷蔵庫にストックしたい一品ですよね。

種をまく畝は「幅60cm × 長さ100cm」です。

種の蒔きかた

種の蒔き方は

1.大根の畝に2列で条間30cmで、点まきします。

2.種まきの溝の深さは「缶コーヒー等の底」を
土に押し当て1cm程度で、4~5粒まきます。

3.種をまいた溝に対して1cm程度覆土し、軽く押さえます。

強く押しすぎると、発芽しづらくなります

4.発芽まで乾燥させないように、水やりはこまめに。

ポイント!

「水やり」が超重要です!発芽したらほぼ成功です。

空き缶の底で土に押し当てる方法は、習わないと一生分からないっすよ・・。

にんじんの種まき

次は人参です。
8月ごろの収穫予定なので、少し長めの栽培です。
種をまく畝は「幅80cm × 長さ40cm」です。

種の蒔き方は

1.条間20cmのすじまき。今回の畝は80cm幅なので、4列でまきます。

2.種まきの溝の深さは1cm程度とり、2cm間隔で種を蒔きます。

3.種をまいたら5mm程度、覆土します。

土を被せすぎると光が当たらず、発芽しにくいです

4.うすく被せた土の上に、モミガラをかけます。
太陽光を浴びせるため、モミガラだと思います。

5.たっぷりの水をかけます。
たっぷりの水をかけます

こちらもポイントは「水やり」です。
発芽するまでの根気強い水やりが、成功の秘訣です

カブの種まき

最後はカブです。
かぶは冬のイメージがあるだけに、春のイメージがありませんでした。

3月中旬ごろの種まきで、6月ごろに収穫します。
種をまく畝は「幅80cm × 長さ60cm」です。

種の蒔き方は

1.畝に対して溝を4列つくり、まきます。
  溝の向きは人参と同じにします。

2.種まきの溝の深さは1cm程度とり、2cm間隔で種を蒔きます。

3.種をまいたら1cm程度まで土を被せ、軽く押さえます。

4.たっぷりの水をかけます。

ほとんど人参と同じ流れで、ポイントも「水やり」です。
やはり発芽するまで乾燥させないことが、成功の秘訣です。

これで今週の種まきが完了しました。
全て手作業なのが大変ですが、一番きついのは「姿勢」です。

種まきは中腰になることが多いので、負荷がハンパないです。

タケ
タケ
運動不足が響いちゃってます

前準備をする

最後に次回以降の準備です。
慣れた作業なので、サクッと終わらせます。

ミックスレタス畝に肥料散布

来週に種まきするミックスレタスの畝全体に
「牛ふん3.0kg、鶏ふん800g、配合肥料200g」を投入し、良く耕します。

トウモロコシ畝に苦土石灰

また、2週間後に種まきするトウモロコシの畝全体に苦土石灰を投入し、耕します。

これで今回の作業はすべて完了です。
作業時間は1.5時間程度でした。

運営からのプレゼント


作業終了時に、運営の方たちから全員に「菜の花」のプレゼントがありました!
たまに運営の方々が育てた野菜などをもらえるので、何気に嬉しいです。

プロの育てる野菜は本当にみずみずしくて、甘みがあります。
一度食べてしまうと、スーパーで野菜を買うのが少し嫌になりますw

菜の花は「つぼみ」が美味しいとの事で、嫁が真剣に選んでました。
食べ物だけは真剣そのものです。

帰る途中にスーパーへ立ち寄り、ホタルイカを購入しました。
夕飯は「ホタルイカと菜の花のペペロンチーノ」を作り、春味に舌鼓でした。

タケ
タケ
(撮るの忘れた・・)

今週の作業はここまで。
ありがとうございます!