農業

【第7回】夏に向けて枝豆を仕込む!【都心で家庭菜園】

【第7回】夏に向けて枝豆を仕込む!【都心で家庭菜園】

はじめに

みなさん、こんにちは。
今週は夏の大事な食材、枝豆の種まきをメインにやっていきます。

その前に、畑の様子を確認します。
雨が降ってないので、枯れてないことを祈るばかりです。

他の人の畑を見ると、レタスが見事なまでによく育っています。

水で種が流れないよう、モミガラを蒔いていますね。
まるで宝石箱みたいw

他の人の状況も分かるので、種まき等に問題があればすぐに分かります。
みんな同じタイミングで種まきしてますからね。

これが一人でやっていると、失敗に気づくまで暫く時間がかかると思います。
以前に聞いた話ですが、「農業とはトライ&エラーの繰り返し」らしいです。
間違いながら経験し、前に進んでいく感じなのでしょうね。

ほんと、農家って大変だなと思います。

ジャガイモの芽かき

自分の畑が気になるので少し早足になりますw
すると、ジャガイモがかなり育っている!!

嬉しい瞬間です!

ここまで育ったら芽かきをして、更なる生育を促します。
先週予想した通りですね。

芽きの方法ですが

1.5本ぐらい密集して芽が出てる箇所を探します。

2.細い芽を選んで根っこ近くを持ち、もう片方の手で株元を押さえます。

3.取り除く芽をゆっくりと引きます。

4.太い芽を残し、2本ぐらいにします

5.最後に抜いた箇所を土寄せします。

あとは追肥して水を撒いておきます。

美味しくいただくためにも、無事に育って欲しいです!

ジャガイモは今のところ順調ですが、あまりよくない状況も・・・
1週間前、大根に蒔いたオルトランが結構残っています。
雨が降らなかったから溶けなかったのか。

やはりオルトランの量が多かったのか。

タケ
タケ
やっちまった・・

今週は予報で雨の日が複数あるので、オルトランは雨に溶かしてもらいます。

枝豆の種まき


お次はメインの枝豆です。
例のごとく指導員が実演してくれてます。

枝豆は年に1回の種まきです。
4月中旬の種まきで、7月中旬以降の収穫予定です。

豆知識

夏に収穫せず秋ごろまで放置しておくと、「大豆」になるらしいです。
つまり、柔らかいのが「枝豆」で、固くなったら「大豆」らしいです。

タケ
タケ
初めて知った

枝豆の種まき

枝豆の畝は「幅80cm × 長さ160cm」です。
レタスと同じ畝になります。

具体的な種まきの流れですが

1.対象畝に25cm間隔で直径5cmほどの円を、片方6個ずつで合計12個作ります。
※空き缶の裏を土に押し付けてやると、楽です。

2.1つの円に2~3粒を点蒔きします。種は指の第1関節ぐらいまで埋めます。

3.土に押し込めるように埋めたら、覆土します。

4.最後に乾かないように水をまきます。

枝豆は光があたると発芽しないので、十分に覆土しましょう

大珠レタスの苗植え

枝豆以外にも大珠レタスもやってきました。
こちらは種まきではなく、「苗植え」でした。

指導員が育ててくれた苗をいただき、自分の畑に植え付けます。
ありがたや~

畝ですが、枝豆と同じ畝です。
枝豆の隣「幅80cm × 長さ60cm」のスペースです。

具体的な流れですが

1.15cm間隔で3列ずつ穴をほります。深さは3cm程度です。

2.植え付ける前に一度水をまきます。

3.大珠レタスの苗を1穴に対して1つずつ植え付け、覆土します。
深く植えすぎると逆に生育しないので、芽が埋まる程度が良いと思います。

これで種まきは完了です。

ネット張り


カラス対策として、ネットをかけます。

虫対策でネットを張るのは知ってましたが・・
「鳥」対策でもネットを張るのは初めて知りました。

タケ
タケ
まぁ・・先週カラスに遊ばれたからね

対象となる畝は本日作業をした枝豆、レタスの畝です。
ネット張りは以前の通りです。詳しくはこちらを!

【第6回】トウモロコシの種まきと防虫ネット張りなど【都心で家庭菜園】はじめに みなさん、こんにちは。 今週はトウモロコシの種まき等をやっていきます。 1週間ぶりに畑に来てみると、じゃがいも等が発...

支柱を5本、アーチ状に差します。

ネットを上から被せ、ピンと張るように両端をひっぱります。
洗濯ばさみなどでしっかりとめたら、完成です!

残す作業は、来週の準備です。
何気にやることが多いな。

前準備

里芋の畝準備

先週に苦土石灰を蒔いた里芋の畝に、肥料を投入します。
来週に里芋を植えつけるため、肥料を蒔いておきます。

里芋の畝は「幅60cm × 長さ240cm」です。
肥料ですが、「牛ふん3kg、鶏ふん1kg、配合肥料230g」です。

しっかりと畝になじませ、空気を含めながら耕します。
最後に、次週の植えつけをラクにするため成型しておきます。

苦土石灰まき

2週間後に植え付けする夏野菜に備え、各畝に以下分量の苦土石灰をまきます。

  • トマト、ピーマン畝:230g
  • ナス畝:160g
  • きゅうり、ゴーヤ:180g

いよいよ夏野菜の登場ですね、楽しみです!

これで今週の作業はすべて完了です。
今週も作業が多かったので、3時間ほどかかりました。

これぐらいの広さで3時間なので、倍以上の広さがある農家などは、複数日で対応するんでしょうね。

最近はドローンでの農薬散布やAIで生育状況を画像で判別するなど、かなり進んでいるらしいですが・・
ごく一部の農家だけがIT化しているだけで、法人以外は8割以上がマニュアル対応だと思います。

では、今週はここまで。
あがとうございます!